おうちミュージアム

タルボサウルス解説

投稿日:


恐竜化石をめぐる人間のエゴイズム※~盗掘~(大人向け)

 モンゴルでは化石の盗掘が非常に問題となっており、モンゴルの法律で恐竜化石の輸出は禁止となっています。実はそれまでモンゴルは恐竜化石の持ち出しにはあまり関心がなかったのです。それが変わるきっかけとなったのが2012年ニューヨークのオークションに出展された「英国産」のタルボサウルスです。これにぎりぎりで気が付いた複数の古生物学者と大臣の説得で事の重大性を理解したモンゴル大統領の異議申し立てました。
 調査と裁判の後、オークションに出品した業者が有罪判決を受ける結果となり、2015年ようやくモンゴルへと返還されました。これをきっかけに様々なモンゴルから違法に持ち出された化石の返還が進みました。恐竜博2019で展示されたデイノケイルスも頭骨が違法に持ち出されていたものです。こういった取り組みがなければ、未知の恐竜の全貌は分からず、闇に葬り去られていたでしょう。
 モンゴルの恐竜化石はモンゴルだけではなく全人類の宝です。
 盗掘された化石は詳細な産出地、産状、層準など研究に必要な情報がすべてなくなっているため、研究することが非常に困難です。また、私的コレクションに埋没することで、その間の標本の研究はストップします。記録があれば再調査することも可能ですが、往々にしてそういった情報の記録はコレクターの忘却や死亡により失われます。
 この問題は「本物の恐竜化石を買わない」ことで防ぐことができます。
 そもそも人間のベースにあるのはエゴイズム※だと思っています。それに向き合ったうえで、人間のエゴにこれ以上恐竜を巻き込まないためにも、少なくとも恐竜に関心のある人それぞれが傍観や無関心であることをやめて、知ること考えることが今できることです。

上記参考文献;「米へ密輸された恐竜の化石、波乱の末モンゴルに返還」-CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35031708.html
「ハリウッドのセレブが恐竜の化石を買いあさるために古生物研究が進まない」と学者が規制を要求 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190310-dinosaur-fossils-collectors/

※私はエゴイズム(自我的・利己的)は決して悪はないと思っています。
 幸せになりたいという気持ちは肯定されるべき感情です。
 だからこそ自分の「エゴ」にちゃんと向き合って上手にコントロールする必要があると思っています。
 コントロールできなかった一例が「山月記」(中島敦著)の李徴(りちょう)ですね。

Copyright© 神流町恐竜センター , 2020 All Rights Reserved.